ストレス反応

自分にとって嫌な出来事に出会ったとき、

身体は困難や危険から身を守るための

心身の防衛反応が現れます。


そのため、自律神経系の交感神経や

副腎皮質ホルモンなどを分泌する

内分泌系の活動が活発になり、

様々なストレス反応が現れてきます。


☆心理面の反応

・不安、イライラ、恐怖、落ち込み、緊張、怒り、罪悪感、感情鈍麻、

 孤独感、疎外感、無気力、集中困難、思考力低下、短期記憶喪失、

 判断・決断力低下などの障害が現れる。


☆行動面の反応

・怒りの爆発、けんかなどの攻撃的行動、過激な行動、泣く、孤立

 引きこもり、拒食・過食、幼児返り、チック、吃音、

 ストレス場面からの回避行動などが現れる。


☆身体面の反応

・動悸、異常な発熱、頭痛、腹痛、疲労感、食欲の減退、嘔吐、下痢、

のぼせ、めまい、しびれ、睡眠障害、悪寒による震えなど、

全身にわたる症状が現れる。



※ストレッサーに対する個人のストレス耐性には個人差があり、

 ストレス反応として現れる症状にも個人差があります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示