歩いて視力がよくなる・・

視力の矯正をしても、目の疲れやかすみ、視界がぼやけるなどの

症状がある人は、目の周りの血行が悪いのかも知れません。


血液循環が悪くなると、目に必要な酸素や栄養が届かなくなり

目の働きが低下します。

一時的に視力が悪くなる場合もあるということです。


目の周りの血行を良くするには、マッサージなどの方法もありますが

歩くなどの有酸素運動が一番。

脳を含めた全身の血流がよくなるので、目の機能もアップします。


また、ふくらはぎの抗重力筋が鍛えられ、足のポンプ機能が鍛えられ

足のポンプ機能がアップしますから、足のポンプ機能がアップしますから

さらに血液の流れが促進します。


目にもさらに良い効果が期待できるでしょう。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示