脳の疲れをとる食べ物

渡り鳥は休まずに数千キロも飛び続けることが出来ます。


なぜそういったことが出来るのでしょうか?


それは、羽を動かす筋肉(胸肉)に含まれる成分「イミダペプチド」に

秘密があります。


イミダペプチドは、ストレスや運動などによって、体内に発生した

活性酸素を除去する働きがあります。


増えすぎた活性酸素は、細胞を傷つけ機能を低下させるため、

それが疲労の原因となります。


イミダペプチドによって、活性酸素を除去できれば、疲労の予防・回復に

繋がり、脳内にも届く物質なので、脳の疲労回復にも役立ちます。


イミダペプチドは、鶏の胸肉のほか、マグロやカツオなど高速で泳ぎ続ける

魚にも多く含まれています。


疲れを感じている人は特に、毎日の食事に取り入れるといいでしょう。

鶏の胸肉やマグロなどを、1日100gくらい取ると効果があると言われています。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示