腹式呼吸法でリラックス

人は疲れたり緊張したりすると無意識に深呼吸をしたりします。

これは、脳がオーバーヒートぎみになって酸素を必要としているからです。


深く呼吸をすると脳にも酸素が届き、その働きを助けます。

また、意識的に吸ったり吐いたりと呼吸を繰り返すことは、リズム運動のひとつで

セロトニンの分泌が促進されて脳が元気になります。


「頭の働きが鈍ってきたな」「なんとなくイライラするな」というとき

深い腹式呼吸を繰り返してみましょう。

頭も気持ちもリフレッシュできることでしょう。


体の力を抜いて楽な姿勢で座り、鼻から吸ってお腹をふくらませ

口から息を吐いてお腹を引っ込めます。

これを1~3分間繰り返してみましょう。


とくに吐く息を長く、しっかり吐き切ることを意識すると、深い呼吸が出来ます。


是非お試しください。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示