ストレス学説

ハンスセリエが1936年に提唱したストレス学説ですが

1957年に来日した際に残した言葉が

「ストレスとは人生のスパイスである」と述べられました。


その理由はなんでしょうか・・・?


スパイスの意味は香辛料や薬味ですが

ハンスセリエは人生を味わい深いものにするために

ストレスの調整が必要だと考えていたのではないでしょうか?


つまり、ストレスをコントロールする意味でスパイスを

引用したのだと考えられます。


そして、ストレス軽減のために次のような言葉も残しています。


①・自分の性格やストレスを知ってそれをコントロールすること

②・自分の目標を作り、それに向かって進むこと

③・人の役に立つこと


上の3つは、現代においてもストレスコントロールの最善、

最強の方法です。


逆に「私にはストレスはありません」

「ストレス解消にゴルフに行っています」などと

ストレスを誤解している人がほとんどではないかと思います。


ストレスを正しく理解してコントロールしましょう。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示